足跡が歩く魔法の地図

システム概要

映画ハリーポッターに足跡が歩く”忍びの地図(Marauder’s Map)”という魔法の地図が出てきます。これを作ろうと思いました。
コントローラから足の位置をシリアル通信で受信しobnizを使ってIoTでウェブブラウザ上に表示します。
obniz IoTコンテスト参加、ソースコードと回路図を公開しています。

  • プラットフォーム(obniz)
    • 通路表示:最初に正方形を描き、足跡表示直前に中央の道を消して”表示のゴミ”が残らないようにしています。
    • 足跡表示:左右の足跡画像をobnizのリポジトリに保存し、UARTで受信した足の位置に表示します。
  • コントローラ(STM32F303K8)シリアル通信:
    • z方向約5センチ以下で足の位置(xy方向)を検出しUARTでobnizに送信します。2個以上反応した時は平均値とします。
  • センサー実装
    • 簀子(スノコ):床に置くセンサーを保護します。
    • センサー:合計16個、10cmの間隔で配置します。センサーは0.1秒毎に距離データを取得します。

配線図

3Dグラフアニメーション

実験装置

感想

足の左右や向きはセンサーで検知出来ないけどIoTで複数組み合わせると魔法のように足跡(人の位置)検出ができる。これはセキュリティやテーマパークなどで使えると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

空中振動検出